2017.10.21

大北理史

キッチン・ダイニングリフォームしましたー前編ー

皆さんこんにちは!

リフォームギャラリーメープルの大北です。

今回は、先日竣工いたしましたキッチン・ダイニングのリフォームをご紹介させていただきます。

着工前から完成に至るまでの工程を全てお見せいたします。

1つにするととても長いので2回に分けさせていただきます。

 

まずは着工前です。

中の食器等も全て片づけていただきました。

造り付けの棚も撤去していきます。

写っているのは、大工さんです(笑)

キッチンの解体途中の写真です。

処分するのに分解して運搬します。

もちろん壁や床を傷つけないように養生はしっかりしています。

写真の床は、やりかえる予定なので養生はしていません。

 

今までの写真にも出ていますが、

既存は押さえ金物で壁に段差がついているので、コンパネで段差が付かないように壁を作っていきます。

解体、壁下地工事後が下の写真です。

窓も元はブロンズのサッシでしたが今回新しくするため撤去して、

写真では新しい枠を入れています。

また、左上に開いてある穴はレンジフードのダクト用の穴で、

壁から出ているのは、電動昇降の吊戸棚の電源です。

造り付けの棚は撤去後、壁下地をするとこんな感じになります。

下の道具は片づけ前です。

いい写真が無く、お見苦しくてすいません。

 

次に天井を施工します。

天井はジプトーンという石膏でできたものですが、柄が目立つため

今回は、サッシの額縁と共に塗装することにしました。

他につかないように丁寧に養生をしてもらっています。

塗装後が下の写真です。

塗装をするだけで全然イメージが変わります。

これだけでも清々しくなります。

ちなみに、塗料は3分ツヤの塗料であまり反射しない物にしました。

解体から下地工事、塗装までを紹介させていただきましたが、

今回はここまでとさせていただきます。

次からはキッチン据付からご紹介していきますので是非ご覧ください。

ありがとうございました。

一覧へ戻る