2018.07.30

上笹晃平

熱中症について

皆様、こんにちは!

リフォームギャラリーメープルの上笹です。

暑い日が続いておりますが、熱中症によって病院に搬送されているニュースをよく見ますが、皆様熱中症などには十分ご注意ください。
そこで知っていて損は無いと思いますので、熱中症の症状と対策について紹介したいと思います。

熱中症の症状にはⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度の3段階あります。
Ⅰ度の主な症状として、めまいや失神、筋肉通や筋肉の硬直、大量の発汗などがあげられ熱失神や熱痙攣と呼ばれています。
対応として水分補給や日陰で休むことが有効です。
続いて、Ⅱ度の症状ですが頭痛、吐き気、大量発汗、めまいなどがありこれらを熱疲労と呼ばれています。
Ⅱ度になると医療機関での点滴が必要です。
最後にⅢ度ですが、意識障害・痙攣・手足の運動障害が症状として挙げられ、熱射病と呼ばれています。
Ⅲ度まで症状が悪化してしまうと、命の危険もあるので緊急の入院が必要になってしまいます。

熱中症の予防策として、こまめな水分補給が有効となります、水分だけでなく塩分も一緒に摂取することが大切です。
また、経口補水液や塩アメなども簡単に予防が出来ます。

外では直射日光などによる暑さで注意される方も多いと思いますが、室内のエアコンが効いた部屋では涼しいので水分補給もせず熱中症になってしまうケースもあります。のどが渇いていなくてもこまめな水分補給を心がけることが大切です。

暑い日が続いておりますので、熱中症には十分にご注意ください。

ありがとうございました。

一覧へ戻る