2018.08.01

宇張前一輝

暑さ対策におすすめのリフォーム

皆さま、こんにちは!
リフォームギャラリーメープルの宇張前(うちょうまえ)です。

8月になりさらに気温が上がっていくと思います。
熱中症にも気を付けていきましょう。

先日は熱中症対策のブログを書きましたが、
今回は家で暑さをしのぐピッタリなリフォームについて紹介したいと思います。

「そもそもなんで部屋の冷えはこんなに悪いの?」と思いませんか?
冷えが悪い原因として、
1.窓
2.室外機・フィルターの汚れ
3.断熱材の不足
などがあげられます。
その中でも冷えが悪い原因として窓があげられます。
主な原因として、室内の気温は約70%以上が窓などの開口部から室内に伝わります。
太陽の直射日光は日射熱となって窓ガラスから入り込んで室内が暑くなります。
複層の遮熱窓にリフォームすることが、暑さ対策としてとても有効です!
なぜ有効なのかというと、外部からの日射熱を室内に入れにくい遮熱タイプの複層ガラスなら、大きな窓のある部屋でも冷房効果を高め、涼しく快適な環境を作ります。
また、壁の間に断熱パネルを張る方法もおすすめです。
断熱リフォームした部屋は夏の暑い外気はもちろん、冬の寒い冷気もシャットアウトしてくれます。

リフォームに興味のある方は、ぜひメープルにお立ち寄りください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

一覧へ戻る