2018.09.06

宇張前一輝

雨漏りについてご存じですか?

皆さま、こんにちは。
リフォームギャラリーメープルの宇張前(うちょうまえ)です。

この度の災害に対し、心よりお見舞い申しあげますと共に、皆様のご無事と一日も
早い復興をお祈りいたします。

テレビを見ていると、自然の恐ろしさを感じます。
本日は台風に関連して、雨漏りについて紹介をしたいと思います。

台風後に多いのは雨漏りですが、普段とは違う台風ならではの雨漏りが
発生することがあるので、注意が必要です。
台風時は強い風が吹き付け、巻き上げることによって普段は掛からない場所にも
雨水が掛かります。
そして吹き付けた雨は、外壁やサッシ周りなど家の各所から浸入し
雨漏りとなります。
雨水の浸入箇所として、見掛けることが多いケースをいくつか上げてみます。

【屋根からの雨漏り】
・瓦、板金、シーリングなどの経年劣化による雨漏り
・以前に行った増築部分との取り合い不良による雨漏り
【外壁からの雨漏り】
・外壁のひび割れや、シーリングの劣化部分からの雨漏り
・バルコニーや庇の取り付け部周囲の劣化や、不良工事による雨漏り
・壁穴のコーキングの劣化による雨漏り
などがあげられます。

台風後は、家の中に雨水の染みがないか、軒先に黒い汚れのような染みが
できていないかなどを、よくチェックしておきましょう。
また屋根と同じく、外壁も定期的な点検をしておくことで、このような被害を
防いでいくことができます。
なので、定期的なメンテナンスやご相談がございましたら、ご気軽にメープルの方へお越しください!!

一覧へ戻る