2018.09.26

苫米地 肇

外壁に見られる藻・カビの除去

こんにちは! リフォームギャラリーメープルの苫米地(とまべち)です!
今回の表題の通り外壁へ藻やカビが付着しお困りになっている方が
多くいらっしゃると思います。
そういった方やこれから外壁塗装をお考えの方の参考になればと思います!

【調査方法】
①周辺に森、田畑、水路等があるか確認。
②一部の面に発生してないか。
③サイディング以外
(サッシ、屋根材、ガレージ、燃料タンク、エアコン室外機等)に発生してないか。

【考えられる理由、なぜ発生するのか】
①藻、カビが発生しやすい水分と日差し、温度等の条件が整ったため。
②建物の外壁に藻が発生するのは屋外で、雨水や結露水、路上より
立ち上る種々のごみの付着により、水分と栄養分が与えられ、
日光によりその育成が促進されます。
一般的にサイディングは、表面は主に有機質の塗料で仕上げられています。
その塗膜面に発生する藻(クロレラ、トレントポーリア等)は時々雨がかかり、
ある一定期間だけ湿った状態になる場所によく緑色藻として観察されますが、
水分が不足し日光の反射が強くなるとオレンジ色になる場合もあります。
しばしば黒い色をしたものもよく見かけますが、この場合ほとんどは生育した
藻の死骸にカビが寄生した状態として観察されます。

【補修方法】
①中性洗剤を水で薄めて、柔らかいブラシで水洗いする。
②藻やカビの抑制剤を外壁塗装と一緒にする。

少しですが、参考になりましたか? こまめに点検が必要になってきますが、
外壁はなかなかじっくり見る機会もないと思います。
ご相談もお受けしてますので、是非お声がけ願います。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

一覧へ戻る