2018.11.07

宇張前一輝

11月は秋?冬?

皆さま、こんばんは!
リフォームギャラリーメープルの宇張前(うちょうまえ)です。

11月にもなり、朝・夜と寒い日が続いていますね・・・
皆さま風邪には十分お気を付けください。

突然ですが、11月の四季はご存知でしょうか?
四季の割り振りでは、秋は9~11月、冬は12~2月となっています。
しかし、11月7日からは二十四節気の一つだと、立冬に当たり、
暦の上では立春前日(節分の日)まで冬になります。
ちなみに11月7日は、鍋の日になります!
寒くなると食べたくなりますよね。
私だけでしょうか?^^

寒い外から帰ってきて、暖かい鍋を食べて体がせっかく温まったのに、家が寒ければもったいないですよね。
もっと温まった状態を維持したくはないですか?
そんな家に向けたリフォームは、断熱リフォームがおすすめです。
断熱していない家では、
室温20℃としたときに、表面温度約10℃、体感温度約15℃となります。
しかし、断熱リフォームしている家では、
こちらも室温20℃としたときに、表面温度約18℃、体感温度約19℃となります。
なんと体感温度が4℃も違うのです!

また、断熱リフォームは、冬だけのメリットではなく、暑い夏でも大活躍です!
オールシーズン活躍してくれます。

このほかにも、様々なリフォームのご相談をスタッフ一同、お待ちしております。

一覧へ戻る