2020.01.09

山本 歩未

N様邸 お風呂交換工事vol.2

皆さま、こんばんは!

リフォームギャラリーメープルの山本です。

N様邸のお風呂交換工事を、今回は完成までご紹介します!

前回は既存のお風呂の解体作業をご紹介しました。
(前回のブログはこちら→N様邸 お風呂交換工事vol.1

続いて給排水工事をしていきます。

こちらは前回のブログでもあげましたが、解体が完了した際の浴室の写真です。
既設の給水管、排水管は写真に記載している通りです。
在来のお風呂は、排水管が浴槽専用と洗い場専用の2本あります。ユニットバスはユニット床下で1本になるので、1本で済みます。


新しい給排水管はこのようになりました。
見えにくいですが、給水管の赤がお湯、青が水です。

そして次は土間基礎工事!

在来の浴室を解体すると、下が土になっています。
このままではユニットバスを設置できないので、強度のあるコンクリート(モルタル)で固めます。
ユニットバスの重さに加えて、お湯、人も入れば、何百キロの重さになります。
その重さに耐えられる床にするため、コンクリート(モルタル)を使います。
コンクリートは固まるまで最低でも1日は必要です。
コンクリートの高さ、平行が合ってないとユニットバスが組めない場合があるので、大切な作業です。

土間基礎工事が完了しました。

そしてユニットバスを設置して完成!

今回施工させていただいたのは、タカラスタンダードの「レラージュ」というユニットバスです。
このお風呂の特徴は、間口・奥行を2.5cm刻みでサイズオーダーできる点です!
従来のユニットバスは、各メーカーの規格サイズで施工されるのが一般的で、選べるサイズが決まっています。
よって、本来の浴室スペースより小さいサイズで施工され、浴室に無駄なスペースができ、狭く感じられる事もあります。

しかし、「レラージュ」ならご自宅の浴室に合わせてリフォームできるので、無駄なスペースが無くなります。
今ご利用の浴室が狭いなあと感じているなら、もしかしたらもったいないスペースがあるのかもしれません!
ご興味のある方は、ぜひメープルまでお問い合わせください♪

今回の事例も「施工事例」にアップ予定です!
お楽しみに!!

リフォームギャラリーメープル
tel  :084-999-9111
mail  :contact@maple.bz
駐車場 :5台あり

一覧へ戻る