2020.04.13

山本 歩未

M様邸 新築工事 仮設工事&地盤改良工事

皆さま、こんばんは!

リフォームギャラリーメープルの山本です。

以前地鎮祭を行った新築工事ですが、工事が始まりました!

順調に進んでおります!

今回は、仮設工事と地盤改良工事についてご紹介します!

まず仮設工事です。
仮設工事とは、業者さんがスムーズに作業するために、建築期間中に一時的に設備を設置する工事のことです。

以下のようなものを設置していきます。
【仮囲い】

仮囲いとは、建築現場の防犯や安全を確保するため、工事期間中、敷地境界線に沿って設置される仮の囲いのことです。

【仮設電気】

工事着工前の現場には当然電気はないので、工事現場の外から電気を引き込まなければなりません。
建築現場へ工事用に一時的に電力を引き込みます。

【仮設水道】


水道も電気同様、工事用に引き込みます。

その他、仮設トイレなども設置します。

仮設工事完了後、地盤改良工事に入ります。
地盤改良工事は、地盤調査で改良が必要だと判断された場合に実施します。
いくら家自体が強固な基礎や構造であっても、それらを支える地盤が軟弱では意味がありません。

地盤改良の方法はいくつかあるのですが、今回は「柱状改良工法」を用います。
下画像の中央の方法です。
強固な地盤までセメントの柱を打ち込んで建物を支える方法です。

地盤の土にセメントを注入攪拌して、地中に柱状の改良杭をつくります。


セメントを注入した箇所は、こんな風に丸い跡ができます。

決められた箇所に注入し、整地をしたら完了です。

次回は基礎工事についてご紹介します!

リフォームギャラリーメープル
tel  :084-999-9111
mail  :contact@maple.bz
駐車場 :5台あり

一覧へ戻る