2020.06.11

高橋 美帆

どう違う? タイルのお風呂からユニットバスへ!

こんにちは。
メープルの高橋です。

本日は、お風呂のお話をします。
各メーカーで様々な商品が開発されているお風呂、皆様はどれほどご存じでしょうか?

テレビCMが放送されているのは
・菌の親子が登場し、ほっカラリ床で有名な、TOTOの「SYNLA(シンラ)」

・全身を刺激するリゾートバブルを「徒歩30秒の楽園(リゾート)」と紹介し
 話題のPanasonic「L-CLASS(エルクラス)」

・もったいないゾーンの有効活用でお風呂場を広くする
 「ぴったりサイズシステムバス」を打ち出すタカラスタンダード
 (※商品により対応サイズが異なります)

あとは、女優さんの足にアイライナーや油性ペンなどで線を引き、湯船につかるだけで汚れが落ちる! というマイクロバブル入浴装置を強みとする、サイエンス「ミラブル浴槽」も有名でしょうか。(初めてシャワーヘッドのCMを見たときの衝撃と言ったら…忘れられません)

清掃性、快適性、デザイン性など、魅力的な要素の多いユニットバス。
ですが、「うちはタイルのお風呂です!」という方もいらっしゃると思います。
タイルのお風呂とユニットバスの違いとは?
まずはそこからご紹介します!

ご存じの方も多い通り、タイルのお風呂はいわゆる「在来工法」のことです。
ユニットバスが普及する以前は、こちらのスタイルが一般的でした。
コンクリートが打設され、タイル、もしくは木材などで仕上げられます。

在来工法の良いところは、なんと言ってもデザインの自由度。
浴室の形、大きさ、窓のサイズ、色、柄、仕上げ材など、自由に選ぶことができます。極端なことを言うと、浴室が温泉のように広かったり、円形でも対応できます。
その分、工事金額は高額になる場合が多く、工事期間も長くかかります。

また、注意したいのは気密性です。
ユニットバスと比べ、在来工法のお風呂は隙間ができやすく、断熱性・気密性の点で劣ります。その結果寒さを感じやすくなり、ヒートショック現象を引き起こしてしまう可能性も高くなります。

対して、ユニットバスとは組み立て式のお風呂のことを言います。
天井から壁、床、浴槽など、すべての部品があらかじめ造られており、現場で組み立てられます。
工事期間は在来工法のお風呂と比べると、短くなりやすいです。

ユニットバスは、機能面で在来工法より優れていると言えます。
例えば、最初にご紹介したTOTOの「SYNLA(シンラ)」は、「ほっカラリ床」が特徴のひとつです。
具体的には
・高い断熱性で足元からあたたかい(ヒートショックを緩和)
・床の内側のクッションで、やわらかい踏み心地
・表面の水を排水口へ導く形状で、乾きやすくカビにくい(清掃性アップ)
…などが、メリットとして挙げられます。

床ひとつ取っても、開発の努力、工夫があることがわかります。
浴槽なら、特徴的なのはやはりPanasonicの「L-CLASS(エルクラス)」。勢いよく吹き出すバブルが、全身を刺激…なんてどこの温泉施設ですか? と聞きたくなります。毎日バスタイムが楽しみになること請け合いです!

他にも、清掃性の高い浴槽やフタ、収納用の棚、心地よくお湯が吹き出すシャワーヘッドなど、細かい点を挙げればキリがありません。とにかく、最近のユニットバスは優秀です。

不安な点をあえて挙げるとしたら、カラーバリエーションがタイルほどは多くないこと、あとは窓のサイズ・位置が、家の構造によって思い通りにならない場合があることです。
例えばですが、普通の壁だった面を全面ガラスにしたい! といった極端なご要望は叶えられない可能性があります。

それぞれのお風呂に魅力と、注意したい点があります。
自分らしい暮らしを叶えるために、何を重視するか考えてみてくださいね。

ご相談もお待ちしております。お気軽に足をお運びください!

リフォームギャラリーメープル
tel  :084-999-9111
mail  :contact@maple.bz
駐車場 :5台あり

一覧へ戻る