2020.07.07

山本 歩未

M様邸 新築工事 屋根、サッシ取付工事

こんばんは!

リフォームギャラリーメープルの山本です。

M様邸の新築工事の様子をご紹介します。

以前のブログはこちら→「M様邸 新築工事 土台伏せ~上棟」

今回は屋根とサッシ取付工事の様子をお伝えします!

【屋根工事】
前回の新築工事ご紹介のブログでは、屋根の野地板までつけました。
そこからどうやって施工していくのか見ていきましょう!
ちなみに今回施工するM様邸は瓦屋根です♪

①野地板の上に「ルーフィング」と呼ばれる防水シートを張ります。

ルーフィングのあとに屋根材を施工しますが、屋根材は形や配置を工夫することで屋根から家の中に雨が侵入しないようにします。
それでも屋根材の下に侵入してしまった雨水を家の中に入れないようにする役割を、ルーフィングは持っています。屋根材の機能とセットでの防水効果になります。

②瓦を留めるための木材を取り付けます。

③取り付けた木材に瓦を引っかけて釘で固定します。

④完成!

瓦と聞くと、日本の木造建築に使われている古風なイメージが強いかもしれませんが、最近は洋風な瓦を使った住宅も増えてきています。
今回使ったのは、「セラマウント」という二つの山が特徴的な形の瓦で、海外のお家を彷彿させるカントリーな雰囲気に仕上がっています。
商品によっては他にも様々な形があるので、自分が住みたいお家のイメージと合う瓦を見つければ、オシャレに仕上がりますよ♪

【サッシ取付工事】
続いてサッシ取付について!
今回施工したサッシはクレトイシの「モンタージュ」という商品です。

「モンタージュ」の特長としては以下の6点あり、機能性抜群なんです!
①断熱性
②遮熱性
③防犯性
④安全性
⑤遮音性
⑥防火性

その他、デザイン性にもこだわっています。

►凹凸のある⽴体的なフレームデザイン
一般的な樹脂サッシは平面的なデザインが多いですが、モンタージュは⽊製サッシのような⾼級感とアンティークな雰囲気を醸し出し、デザイン性に優れています。

►豊富なカラーバリエーション
「モンタージュ」は外枠の色をなんと16種類もの中からお選びいただけます。ご希望に応じてオリジナルカラーを作ることも可能なので、アクセントに1窓だけ違うカラーにチャレンジするのもいいかもしれません。

►⾼級感漂うこだわり塗装
特殊なペイントを二重塗りして、表面も特殊な仕上げになっています。
そのおかげで傷がついても目立ちにくい効果があります。

►個性を演出する異形窓
和モダンな雰囲気の和室に合いそうな丸窓やその他三角、八角など様々な形を製作可能です。
住まいのデザインとあわせて窓のデザインもお好みのものを見つけてみるのも楽しいですよ!

モンタージュの施工方法は以下のようになっています↓
①開口部とネイルフィンと呼ばれる部分の間から水が浸入するのを防ぐためにコーキング材を施します。

「ネイルフィン」とは、建物の構造にサッシを固定するために釘を留められる部分のことです。

見えにくいかもしれませんが、サッシの左右に丸い穴が縦に並んで空いているのがわかりますか?
こちらがネイルフィンと呼ばれる部分です。
左右だけでなく、上下左右の4方向すべてについています。

②窓を閉めてロックした状態で開口部にサッシを取り付けます。

③位置の調整中にサッシが開口部から落ちないように、上部のネイルフィンを仮止めします。

④サッシが平行になるように調整します。

⑤窓の開閉やロックが支障なく行えれば、釘をネイルフィンの穴に留め、サッシを固定したら完了!

以上、M様邸新築工事の屋根、サッシ取付工事をご紹介しました。
今後もまだまだ新築工事についてご紹介するので、引き続きご覧いただけますと幸いです!

リフォームギャラリーメープル
tel  :084-999-9111
mail  :contact@maple.bz
駐車場 :5台あり

一覧へ戻る