2020.07.18

高橋 美帆

福山市のコロナ対策

こんにちは。
メープルの高橋です。

今週から、再びコロナウィルスが福山で猛威をふるい始めました。
7月14日に確認された市内での感染がクラスターとされ、接触者は200人を超すと言われています。

身近な場所で感染が確認され、改めて意識を強く持たなければなりませんね。
福山市の公式サイトを確認すると、コロナウィルスに関する情報を細かく伝えてくださっており、対応がしっかりしていてありがたいなと思います。
感染者の情報だけでなく、市としての対策についても書かれているので、本日はそちらについてご紹介します。

7月1日、新型コロナウィルス感染症対策 第2弾が発表されました。
内容は「令和2年度の補正予算を、感染対策に使っていきます」というもの。
その内訳は下記の通りです。

① 感染拡大防止策の徹底(第2波への備え) 1億5,400万円
・保育所などへの衛生用品(マスク・消毒液・体温計など)の整備
・市から抗原検査を要請した場合の、検査受診料を全額補助
・路線バス・タクシー事業者への衛生用品(マスク・消毒液など)の整備費用を補助
・新型コロナウイルス感染症対応のため、帰宅が困難な医療従事者へ宿泊費用を補助

②市民への生活支援と「新しい日常」への対応支援 4,400万円
・特別支援学校などの臨時休業に伴う放課後等デイサービスの利用者負担の免除
・電話などによる高齢者などの見守り支援強化のための支援
・市内で実施する「新しい生活様式」に対応した製品・サービスの実証実験に係る費用を補助

③中小事業者への事業継続支援など 7億9,800万円
・障がい福祉・介護サービス事業者への支援
・雇用調整助成金活用支援
・離職者などへの支援
・スタートアップ事業者への支援
・感染防止対策や経営基盤の強化に取り組む事業者への支援
・テイクアウト・デリバリー事業への参入支援

④市民消費の喚起 1億8,300万円
・飲食業・観光関連産業の応援
・地場産品の応援

上記の詳細に関しては、「広報ふくやま 2020年7月号」でご確認いただけます。
様々な支援内容があり、補助金が出るものもあります。補助金は利用する支援により上限が違いますので、要確認です。

自粛が続く中再開するお店も増え、たまらなく「お出かけしたい! 楽しいことがしたい!」という気持ちが強くなっていると思います(私自身、お盆休みが近づきソワソワしていました)。
地元のお店を応援するという意味でも、テイクアウトの利用や、少人数での利用(もちろん長居せずすぐ帰る!)は好い行いのように、個人的には感じます。

けれど、その1回の外出で感染してしまったら?
無症状のまま外を歩いて、感染者を増やしてしまったら?
キリがないとわかっていても、その可能性を考えてしまいます。

自分にできる限りの対策をして、責任ある行動をとりたいですね。
「新しい生活様式」に慣れるまで、お互いにもう少し頑張っていきましょう。

リフォームギャラリーメープル
tel  :084-999-9111
mail  :contact@maple.bz
駐車場 :5台あり

一覧へ戻る