2021.01.09

宇張前 一輝

ファミリークローゼットを上手に活用しよう!

皆さま、こんばんは!
リフォームギャラリーメープルの宇張前(うちょうまえ)です。

本日は、最近人気のファミリークローゼットについてお話します。
ファミリークローゼットとは、家族全員で使えるクローゼットのこと。通常は各部屋に、それぞれの収納が設けられていますが、ファミリークローゼットがあれば、全員分の衣類を一か所でまとめて管理することができます。

まずは、ファミリークローゼットのメリットとデメリットを考えてみましょう。
最大のメリットは「家事負担が減らせる」ことです。
ファミリークローゼットがあれば、洗濯物や、季節の衣類整理も一か所で済ませることができます。また、全体で持っている衣類を把握しやすいため、無駄な買い物を減らしやすい向があるようです(※こちらは個人差があると思います)。

デメリットとしては、お子様が成長されてから家族と共有のクローゼットを嫌がる可能性があることです。家族の支度が重なる朝、もしクローゼット内で着替える場合は、ゆっくり着るものを選ぶ…というのは難しいかもしれません。

ファミリークローゼットには、主に「ウォークイン」と「ウォークスルー」タイプがあります。
ウォークインは「個室」、ウォークスルーは「通路」のイメージです。

ウォークインの特徴は、ものが多くしまえること。
洗面から続くクローゼットにすると、家事負担の少ない選択動線になります。

ウォークスルーの特徴は出入り口が2つあること。
例えば「玄関→ウォークスルークローゼット→洗面」といった3か所を通り抜ける間取りにすると、帰宅後すぐの行動がイメージしやすいのではないでしょうか?
人が通り抜けるスペースが必要なため、ウォークインより収納量は劣りますが、間取りをしっかり考えればかなり便利な収納になります。

「ファミリークローゼットをつくるスペースなんて、うちにはない!」という方もいらっしゃると思います。
収納で大切なのは、いかに空いているスペースを利用するかです。例えば押し入れ、屋根裏や、ロフトはどうでしょう?
持て余しているスペースがある場合は、有効活用のチャンスです。

ウォークインクローゼットに関わらず、収納スペースを増やしたいとお考えの方は、「そこに何をしまうのか?」を意識してみてください。リフォームの担当者には具体的な広さよりも、「何のためにそのスペースが必要か」を伝えると、プロ目線でのアドバイスをもらいやすくなりますよ。

本日は、ファミリークローゼットについてお話しました。
少しでも快適なお家づくりのヒントになれば幸いです。

リフォームギャラリーメープル
tel  :084-999-9111
mail  :contact@maple.bz
駐車場 :5台あり

一覧へ戻る