2022.04.06

山本 歩未

I様邸リノベーション工事現場レポートその2

こんにちは!

リフォームギャラリーメープルの山本です。

前回に引き続き、I様邸の戸建てリノベーション工事についてご紹介していきます。
前回のブログはこちら→「I様邸リノベーション工事現場レポートその1」

解体が終われば、早速、内部の造作に突入!
まずは床の下地材や断熱材を入れていきます。
下地材は劣化が目立たず、問題がないものは再利用しています。

床には断熱材が入っていなかったため、新しく入れます。
床下の断熱がしっかりとされていないと、冬は床が冷たくなって身体の冷えにつながり、快適な空間とは言えません。
それを回避するために床下の断熱は重要です。
床材の下地となる根太の間に断熱材を充填しています。

そして合板を張って、床の下地ができました。

天井にも断熱材を入れ、下地材を施工します。

外壁に面した壁には断熱材を入れ、下地を作ります。

お家の間取りに沿って間仕切り壁の下地も造作。

柱は新しい木材で補強しています。

これらの作業の中で、耐震性を高める工事も行っています。

↑火打ち梁


↑筋交い

次回も内部工事の様子をご紹介していきます!

リフォームギャラリーメープル
〒720-0825
広島県福山市沖野上町1丁目1番20号
TEL:084-999-9111
FAX:084-999-9113
(駐車場5台あり)

一覧へ戻る